under_line
懐かしい歌


新国民歌 ・・・われら愛す・・・

芳賀 秀次郎 作詞
西崎 嘉太郎 作曲

1 われら愛す
  胸せまる あつきおもいに
  この国を
  われら愛す
      しらぬ火筑紫のうみべ
      みすずかる信濃のやまべ
  われら愛す
  涙あふれて
      この国の空の青さよ
      この国の水の青さよ

2 われら歌う
  かなしみの ふかければこそ
  この国の
  とおき青春
      詩ありき雲白かりき
      愛ありきひと直かりき
  われら歌う
  おさなごのごと
      この国のたかきロマンを
      この国のひとのまことを

3 われら進む
  かがやける 明日を信じて
  たじろがず
  われら進む
      空にみつ平和の祈り
      地にひびく自由の誓い
  われら進む
  かたくうでくみ
      日本(ひのもと)のきよき未来よ
      かぐわしき夜明けの風よ


蟹の歌
吉田 嘉七 作詞
松山 貢 作曲

1 蟹はとれども肉はなし
   甲羅のままにかじりては
  カルシュウムぞと笑いつつ
   喰うは何処(いずこ)の習慣(ならい)ぞと
  問(と)はまし秋刀魚(さんま)の一切れに
   涙落とせし詩人(うたびと)よ

2 木を噛む如きその味も
   喰うは食わぬにいや勝る
  彼の東海の砂浜に
   戯(たわむ)れたらん歌人よ
  笑はば笑え泣かばなけ泣け
   我は喰らいて生きんのみ
   我は喰らいて生きんのみ


五高哀歌
1 五高よいとこ 誰言うた
  くぬぎ林の その中に
  いかす学生が いるという
  一度は ほれて みたいもの

2 竹のバッチに ひと目ぼれ
  連れてい行きゃんせ 五日市
  連れて行くのは よいけれど
  あなたの坐る 席がない

3 坐る席が ないならば
  せめてあなたの 膝の上
  共に許した 仲ならば
  校長先生も 許すだろう

4 許す許さぬ 言うたとて
  狭い日本にや 住みあきた
  ブラジル スマトラ エチオピア
  行きましょ世界の 果てまでも

5 私立 公立 古くさい
  (  )年の 伝統を
  若い我等に 守られた
  都立五高は よいところ